コボット本体と組み合わせて引抜強度がさらにアップする「コボット・ストロンガー」

コボット本来の接合補強効果を一層強化する専用補強プレート

コボット本体と組合わせることで、本来備わっているホゾ抜け防止性能を2倍以上に強化する補強プレート「ストロンガー」。

土台側は、コボット本体をM12アンカーボルトとコーチスクリュー4本で固定。柱側は「ストロンガー」とコボット本体を重ねてコーチスクリューで固定します。

4カ所のコーナーすべてを同様の処理をすれば、ホールダウン金物を使用したのと同等以上の引抜強度が得られます。

コボット本来の接合補強効果を一層強化する専用補強プレート「コボット・ストロンガー」

《梱包内容》

コボット・ストロンガー:1個/パイプ座金:1個
専用コーチスクリュー:11本(予備1本)

※壁1面分の設置には、この梱包セットが4セット必要です。

(参考資料)コボット・ストロンガー製品資料はこちら

「コボット・ストロンガー」梱包内容

岐阜県立森林文化アカデミーにおける引抜および壁倍率試験

「コボット・ストロンガー」取付方法

《取付方法》

土台側:
①基礎に位置を測ってM12アンカーボルトを埋設しておきます。
②土台を貫通させたM12アンカーボルトにパイプ座金を通し、ナットで固定します。
③M12アンカーボルトに干渉しないように注意して、専用コーチスクリュー4本でコボット本体を土台に締めつけます。

柱側:コボット本体の内側に「コボット・ストロンガー」を挿入、
   専用コーチスクリューでコボット本体と共に締めつけます。

梁側:上部にも同様の手順でストロンガーを設置します。
   M12アンカーボルトの代わりに、梁に貫通ボルトを通します。

《必要部材》

  • コボット・ステンブレースシステム:1面分
  • コボット・ストロンガー:4個
  • パイプ座金:4個
  • (土台側)M12アンカーボルト・ナット:ユーザー様手配
  • (柱 側)専用コーチスクリュー:60本
  • (梁 側)貫通ボルト:ユーザー様手配
        専用コーチスクリュー:8本
《試験データ》引抜荷重試験

※上記は、柱頭・柱脚にホールダウン金物は用いず、軸組内面各4ヶ所にコボットとコボット・ストロンガーで構成した場合の数値です。
(引抜荷重もコボットが同時に負担します)