コボット本体の様々なサイズの穴には、何の役割がありますか?

#穴 #コボット本体

直径7mmの穴(9か所)は、コーチスクリュー打設用です。

直径13.5mmの穴(3か所)はバーリング加工と呼ばれる加工が施されており、金物自体の補強と木材との固定力を

向上させる狙いがあります。

直径11mmの穴(2か所)は、ワンタッチピンと呼ばれる部品を挿入する為の穴です。

 

一覧へ戻る

ページID:310