低減係数αとは何ですか?

#低減

壁倍率の算定にあたり、指定性能評価機関が定める係数で以下の4要因から決定されます。

  1)用途に関する要因(屋外に常時さらされているかどうか等)

  2)耐食性に関する要因(水分や電食による腐食等)

  3)施工性に関する要因(職人の技能や工具による金物留め付け状況のばらつき等)

  4)工学的な判断(他の筋交いや合板仕様墜に対応 できる変形性能があるか等)

※ 壁倍率=短期基準せん断耐力x低減係数α÷(試験時柱芯々間寸法×1.96kN)

(コボットの場合、上記3)を考慮して低減係数α=0.9と判定されています。

(短期基準せん断耐力等の詳細値は、性能評価書または試験報告書をご参照ください)

一覧へ戻る

ページID:250