TOP > コボット > コボット施工例

コボット施工例

コボット施工例

光も風も通る「シースルー耐力壁」という離れ技。

ガラス窓の明るさはそのままで耐震補強
ガラス窓の明るさはそのままで耐震補強。

施工写真

窓も欲しいし耐力壁も欲しい。こんな矛盾した要求にもお応えできるのがコボットです。左の写真でご覧のように、ガラス窓には直径1㎝の美しいステンブレースが2本走るだけ。光も視野も全くさえぎりません。明るいままで、地震に強い耐力壁に変身できます。

支柱だけの1階を風通しのよいまま耐震補強
支柱だけの1階を風通しのよいまま耐震補強。

施工写真

壁にしたくないが、耐震性は欲しい。こんな無理な注文にもコボットなら対応できます。例えば建物の1階をガレージにした場合、支柱の間にコボットをセットすれば、壁倍率3倍以上の耐力壁で安心感を得ながら、風通し、見通しもよくなるといったことも可能になります。

※柱、土台ともH鋼の場合は、コボット本体の貫通ボルト(M10㎜)用取付け穴があれば使用可能。

大壁面や大開口部にもってこい!

柱と柱のスパンが3m以上あっても大丈夫
柱と柱のスパンが3m以上あっても大丈夫。

施工写真

体育館や倉庫などの大きな壁面を耐力壁にするのは、例えばパネル工法などでは大変です。でもコボットならその対角線に相当する長いステンブレースを用意すれば、スパンの短い壁と同じ手間で補強できます。コスト面においても、ステンブレースの長さだけで済みます。

※ブレースの長さが4,000㎜以上の場合は、ジョイント式で対応。

天井や床の補強にも使える

三階建住宅や吹抜けの水平面耐震補強
三階建住宅や吹抜けの水平面耐震補強

施工写真

木造三階建住宅の床や天井など、水平面のねじれに対する補強が求められる場面も、コボットの出番です。壁面と同様の手順で簡単に耐震補強ができます。さらに吹抜けの部分も、細いステンブレースが走るだけで、開放感はそのままに水平方向の耐震補強が可能です。

※天井や床などの施工困難な箇所は、基本的にジョイント式で対応。

神社仏閣・文化財の耐震補強にも

美濃市の古寺の大壁面に
岐阜県美濃市の古寺の大壁面に

 

長年の風雪に耐えた古色に染まる太い柱、梁、土台。
その美しさをそのままに、細身ながら強靭なコボットによって見事に耐震補強されました。

文化財の水平面の補強に
文化財の水平面の補強に

 

三重県桑名市、江戸時代の豪商の隠居所の地に建つ重要文化財。その本格修理にあたって、玄関・座敷の耐震補強にコボットが採用されました。
この他にも、全国各地で続々とコボットによる耐震補強を展開しています。

耐震リフォームのこれだけの工夫

壁を壊さずブレースが張れる

コーチスクリューなら、後づけでも簡単施工。

コーチスクリュー対応

コボット本体の取付けは、長辺5本、短辺4本のコーチスクリューの使用が標準です。柱や土台に特殊な加工をすることなく固定できるので、耐震リフォームにも最適です。土壁やモルタル壁も、少し四隅を切り欠くだけで短期間に補強工事が可能です。

ブレースを少し片寄せて張れる接続金具も。

接続金具

壁の中央部分を残したままブレースを張るための工夫がこのオプション金具。壁面をさけて少し片側によせてはれる構造になっています。コボットはシステムを構成する全パーツがステンレス製なので、壁の内側でも土壁の中に塗り込めても、全くサビる心配はありません。

耐震性アップ

耐震リフォームに
せっかく耐震リフォームするのならついでに…

 

この際あわせて間取りを変えたり模様変えをしたいというケースも多いでしょう。それも最近は間仕切りの壁を外してワンルーム型にしたり、窓を大きくしたり増設したりという希望が多いようです。耐震性を高めながら、同時にそんなことができるのがコボット。開放的な空間づくりと、地震に強いという難しい注文に、見事にお応えします。

コボットにしかできないこと
コボットならできる。コボットにしかできない。

 

何度もご紹介したように、コボットシステムは四隅の小さなコボット本体と細いステンブレースだけのシンプルで目立たない耐震補強です。従って壁を外しても元の場所にコボットをセットすれば、「大きな開口部」と「強力な耐震性」が同時に得られます。


壁を打ち抜いて窓にした場合も、元の壁以上に強くできます。さらにコボットシステムは、対角線にブレースを張るという構造から、木組みの建ちを修正することも可能です。この特長を利用して、重さで下がりやすい大型扉を補正しながら使うといった新しい用途も考えられます。

耐震リフォームのこれだけの工夫

耐震性アップ

ピボット施工例1
ピボットブレース+Dボルトの併用施工例。

ピボット施工例2

柱上部は緊結金物「Dボルト」使用、その下にピボットを貫通ボルト止めすることで、強い耐力を確保した例です(耐力壁には認定されません)。

また、木材事業部の取扱商品で、耐久・耐水性に強い「セランガンバツ」を使用。まさしく屋外使用に持ってこいの組合せです。

物件名:デンマーク牧場牛舎(静岡県袋井市) 施工:番匠

コボットにしかできないこと
コボット+ピボットブレースの併用施工例。

ピボット施工例2

上部の直角部にコボットを、柱の下部と壁面に直接ピボットを取付け、ステンブレースを張った施工例です。

このように、主に屋外・半屋外等で柱の立ち上がり部分がコンクリートの場合には、ピボットが有効です(耐力壁には認定されません)。

カタログ請求へ